夜勤専従看護師の転職サイトを利用する

今の時代、「より自分らしい生き方を」と望み、仕事とプライベートのどちらも大事にしたいという人がたくさんいます。看護師として働く人の中にも、昼間は自宅でゆっくり過ごしたり趣味や習い事に時間を使いたいという人も多く、夜勤だけで効率的に収入を得たいと考えている人もいるようです。

さてそれでは、夜勤のみで働く夜勤専従看護師の求人を探すにはどうしたらいいでしょう?求人誌、ハローワークもちろんOKですが、自宅にいながら探せるもっと手軽な方法は看護師専用の転職サイトです。

自分一人ではなかなか難しいことでも、看護師転職サイトに登録し専任のコンサルタントに夜勤専従の募集の有無を尋ねたり、そのような募集がなくても場合によっては夜勤専従で働かせてくれるよう病院や施設に話をしてくれたりします。

また、そのような職場の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接のアドバイスや就職後のフォローをしてくれるサイトもあるほどです。さらに、そのサイトの紹介によってめでたく就職できた場合、就職祝いとして支度金などのお祝いをくれる嬉しいサービスを行っているサイトもあります。

日勤のみで生活に十分な余裕のある収入を得るというのは難しいかもしれませんが、夜勤については人手が足りていない病院がたくさんあるので、夜勤専従の看護師求人はどちらかというと探しやすいでしょう。しかし、面接ではなぜ夜勤専従が希望なのかを質問されることもあるので、的確に答えられるようきちん理由をまとめたうえで面接に臨むことをおすすめします。

せっかく自分の希望に合った職場に巡り合ったのに、面接で夜勤専従の理由を言えなかったばかりに不採用になるのは残念ですから、面接への対策もしっかり行ってから臨むようにしましょう。面接が得意という人は別にして、どちらでもないもしくは苦手だという人は、看護師転職サイトの担当コンサルタントに面接のアドバイスを受けるとよいでしょう。

看護師専用の転職サイトの利用以外に夜勤専従の看護師求人を探す方法としては、看護師として働いている友人や知人に、夜勤のみで勤務可能な病院を紹介してもらうといったこともあります。

フリーの求人誌や新聞求人欄にも、他の職種に比べ看護師求人は多少多く掲載されていますが、圧倒的に数が多いのは看護師専用の求人サイトです。また夜勤のみとか託児所ありとか、寮完備など自分の希望する条件で絞り込みやすいのも看護師専用求人サイトといえます。夜勤専従の看護師求人探しには、是非看護師求人サイトの活用をおすすめします!

看護師が転職し辛い場合とは

看護師という職業は転職する方が多い職業だといわれています。能力の向上のためであったり、ご家族の都合などで新しい職場を捜す人は少なくありません。

一般的には売り手市場である職業のために転職はそれほど大変ではないとされていますが、中には新しい職場探しが困難を極める方もいるようです。それは、転職した数が極端に多いケース、だといえます。

それにしても、看護師の業務は大変ハードなものです。日勤の看護師さんでも早朝から業務にあたり、夜勤からの引継ぎをし、点滴や注射、手術などの準備やサポートを行います。

通常の仕事以外にも、患者さんに呼び出されてケアに勤めることも日常茶飯事ですし、入浴などのお世話をすることも業務のひとつです。患者さんの体調面だけではなく、心の不安などのメンタルヘルスケアに向き合うこともあるでしょう。

看護師の業務は大きな責任と、何かあった時の覚悟を伴う重いものなのです。次の職場を探して転職を行う看護師であれば、不規則な看護師の業務にも慣れているかもしれませんが、新しく看護師の世界に入ってきた看護師さんの場合は、想像以上にきついかもしれません。

幼い頃から憧れていた仕事だから、という気持ちで乗り越えるには余りにもハードな職業なのです。

転職をする場合は求人案件を探すことになると思いますが、ハローワークなどで探すのは難しいケースもあります。看護師というのは専門的な職業のために、非公開の求人案件が大変多い職業のひとつです。インターネット上にある、看護師求人サイトなどを利用して探すのがお勧めかと思います。

先ほども記載しましたが、「転職した数が極端に多い看護師さん」の場合は、なかなか転職し辛いのが事実です。

採用する側から見ると、「責任感が欠如しているのだろうか」「協調性がないのかもしれない」「忍耐力不足?」などと思われてしまう可能性が高く、能力的な問題ではなく、人間性の問題として考えられてしまいます。ですからできればひとつの医療施設で数年間働いた実績があった方が、転職には有利です。

とはいえ、面接時に事情を説明する事で、事態が好転することもありますので、努力は惜しまないようにして下さい。上記にある「看護師転職サイト」などに登録すると、専門のコンサルタントが相談に乗ってくれたり、面接時のアドバイスをくれますので、上手に活用するのもオススメです。

企業看護師に求められるメンタルヘルスケア

医療施設ではなく一般企業を職場にする看護師は、社員の健康管理を行うことも重要な仕事となります。健康に自信がない社員から悩みを打ち明けられることもあると思いますが、そんなときは相談を聞き、その社員に合ったアドバイスを与えてあげる事が重要です。

企業で働く看護師の仕事は、社員たちが健康に仕事に打ち込めるよう、手助けすることになります。また、社員たちが体調を崩したり、危険に陥らないよう、衛生面からのマネージメントも必要です。

安全に健康に働けるような環境づくりをするのも、企業を職場とする看護師の大切な仕事と言えます。

ところで最近では企業で働く看護師に「メンタルヘルス」面でも期待する声が、年々大きくなってきています。

近頃の日本では仕事に追われている人が大変多いです。また人間関係でのトラブルや、仕事からくるプレッシャーなどで、会社に行くことによって強いストレスを感じたり、酷い場合はうつ病になってしまう社員も増えています。

万が一うつ病になってしまうと、社員は仕事を休むことになります。企業側は労災を支払うことにもなってしまう可能性もあるでしょう。

企業にとって社員は財産です。社員たちが毎日健康に仕事が出来ることによって、会社は経営でき、売り上げに繋がっていきます。もしも、健康に働く事が難しくなってしまう社員がいると、企業にとっても大きな損失になってしまうわけです。

ですから企業サイドも、ここ数年メンタルヘルスケアの取り組みを強化するようになってきました。仕事への強いストレスや、人間関係に悩みを持っている社員の心を軽くし、ケアを行うのも、企業で働く看護師の担う重要な仕事となりつつあるのです。

企業で働く看護師は、看護師資格があれば就くことができますが、メンタルヘルスケアともなると、メンタルに特化した知識が必要となってきます。

精神科で働いていた看護師さんであれば難しいことではないかもしれませんが、今まで精神科業務に触れたことのない看護師の場合は、戸惑うことも多いかもしれません。適切なアドバイスを行うためにも、メンタルに特化した知識やスキルは必要となってきます。

上記のことから、企業で勤務されている看護師の方は、メンタルヘルスに関る資格を取ったり、勉強をされている方も大変多いです。

ページの先頭へ