ケアマネ・医療機器開発企業・MRで働く

看護師として働くには圧倒的に病院に勤務する人が多いといえます。しかし、転職を考える際、他の職種で働いてみたいと思う人もいるはずで、その場合「病院でしか働いたことがないし大丈夫だろうか…」と思う人がほとんどではないでしょうか。

看護師の資格以外持っていないことも不安の種かもしれませんが、看護師としての臨床での経験、つまり患者とのコミュニケーション能力や管理能力、緊急時の判断と対処などは他の職種での仕事のうえでも必ずアピールポイントになります。

では、実際に看護師が就くことのできる「他の職種」にはどのようなものがあるのでしょうか。たとえば、ケアマネージャー、医薬関連機器や器具の開発企業、MR(医薬情報担当者)などは、医療現場を熟知している看護師には大いに活躍できる職種といえるのではないでしょうか。これからそれぞれの仕事についてお話していきましょう。

はじめにケアマネージャーですが、この仕事は日々の生活において支援や介護が必要だと認定された人に適切な介護サービスを提供するため、ケアプラン( 介護サービス計画)を作成する専門職です。医療の面で介護スタッフだけでは判断に迷う場合などは、看護師という経験から適切な判断ができるため、介護を必要とする人にとって最適なケアプランの作成に役立つはずです。

次に医薬関連機器や器具の開発企業への転職ですが、医療現場で使われる機器や器具を開発するうえで、臨床の経験のある看護師ならばどのようなニーズがあるかを知っているわけですから、看護師という経験が大きく物を言うでしょう。

MRすなわち医薬情報担当者は病院やクリニックを訪問し自社の医薬品についての情報を提供する営業職です。より多くの医薬品についてたくさんの情報を知ってもらい、自社製品の普及に貢献するというわけです。最近は誰もがMRとして活動できるわけではないようで、医療機関によってはMR認定証を持っていなければ訪問できないところもあるようです。

そのためにはMR認定試験を受け資格を取得したうえで、製薬会社などで営業職として働くことになります。MRの場合、営業先は医師や病院になることを考えると何と言っても臨床経験のある看護師なら話を進めやすいでしょうし、相談に答えることもできるのではないでしょうか。

看護師の資格や経験というのは病院だけでなく様々な分野で活躍が期待できるものです。病院だけでなく、他の職種でも自分に合った仕事や働き方がたくさんあり、新たな可能性を秘めていることをどうぞ認識して下さい。

ページの先頭へ