自己分析から始まる看護師の転職活動

転職しよう!と思ったら、まず何から始めますか?「求人情報誌を買って来る」「求人サイトを閲覧する」「ハローワークに行ってみる」などだいたいこんな感じでしょうか。

でも、その前に…是非おすすめしたいことは、これまでの職歴で積み重ねた経験や今後に活かせることや強みを考えてみることです。場合によっては誰かに第三者的な意見を聞くのもいいでしょう。

「私のアピールポイントって何だろう?」「もしあの職場で働くことができたら、どんな貢献ができるだろう?」と自問自答してみて下さい。そして、箇条書きでかまわないので紙に書き出してみましょう。

もしかするとこれまで気づかない一面が見つかるかもしれません。それによって選べる職種の範囲拡大の可能性が広がり、転職活動に大いに役立つでしょう。

自己分析をしてみたところで、次は情報収集です。まずは自分が一番使いやすい媒体で転職情報を集めていきますが、なんといっても情報量が多いのはインターネットの求人サイトです。

ただ、ネット環境が整っていなければ当然閲覧することはできないので、そうなると求人誌かハローワークということになりますね。あなたの希望する業界の動向などもチェックしながら、応募する職場を絞り込んでいくと良いでしょう。

数か所、あるいは一か所に絞り込んだら、履歴書や職務経歴書を記載しますが志望動機や自己PRなどは特に簡潔にわかりやすくアピールしたほうがよいので、あらかじめ整理しておきましょう。

履歴書・職務経歴書などの応募書類は、これまでの経験や身につけた技術、自信を応募先にわかってもらうためのものですから、自己分析を行い要点を簡潔にまとめて書くことが大切です。

応募書類が完成したら誤字・脱字も含め間違いがないか再確認し、もし間違いをみつけたら修正液や二重線などで訂正せず、新しい用紙に書き直しましょう。また、いくら同じ書類でも複数の応募先に提出する場合はコピーは厳禁です。

応募書類の提出を無事に終了したら次は面接です。面接の際は、決められた時間の10分前には行くようにし、服装・ヘアスタイル・化粧などに配慮して人事担当者に良い印象を持ってもらえるよう気をつけることをおすすめします。

また、志望動機やアピールポイントは明確かつ簡潔に答えることができるよう準備しておくとパニックにならずにすむでしょう。

内定をもらったら現在の職場を円満退職するために、できれば退職を希望する一ヵ月程度前にはその意思を報告し必要な手続きを進めていきましょう。

特に社会保険や源泉徴収票に関することには時間を要する場合があるので、退職先および転職先に迷惑がかからないよう余裕を持って行うことが大切です。

ページの先頭へ