看護師、60歳定年でも働き続けるには?

看護師が不足していると言われ続けてかなりの年月が経過していますが、これから先もしばらくは同じ状況が続くと予想されています。ですから、普通であれば定年とされる60歳以上でも看護師として雇用してくれる病院はたくさんありますし、むしろ豊富な経験によって厚遇で歓迎する病院さえあります。

60歳以上では、なかなかパソコンやスマホを使いこなす人はそう多くはいないでしょうから、たとえば看護師求人サイトの閲覧や登録となると誰かの手助けが必要かもしれませんね。登録の際も「60歳以上」ということを担当のコンサルタントに伝え、その条件に合致した求人を紹介してもらいましょう。年齢条件だけでなく、自宅から近いことや日勤のみなどほかの条件も含めて職場を探してもらうこともできます。

これまで勤務してきた病院で60歳以上でも引き続き働き続けることができればそれが一番良いのでしょうが、就業規則で60歳が定年と規定されていれば退職せざるを得ません。しかし、まだ看護師として病院勤務を続けたいなら新たな職場を探すことになりますね。

仕事を探すには求人誌やハローワークといった選択肢もありますが、看護師求人サイトなら、登録することでその地域に精通した専任のコンサルタントが希望条件に合った職場を探してくれます。また非公開の求人情報を紹介してくれたりもするので、さらに再就職の可能性が広がるといえます。

それ以外の方法としては、現在勤務している病院でコネクションのある病院やクリニックを紹介してもらうというものがあります。細かい条件などはつけにくいでしょうが、うまくことが運べばこれといった転職活動をしなくても、次の職場で働くことができるでしょう。

また、60歳以上で一度定年退職し、その後再就職している看護師の知り合いなどにその方法を聞いてみることも一つの方法といえますね。

今の60歳はまだまだ十分働けます。もし現在勤務している病院が60歳定年でも、働き続けたいという意思があるのでしたら諦めずに次の職場を探すことです。一念発起してパソコンから看護師求人サイトに登録してもいいですし、もちろんハローワークや求人誌、あるいは誰かの紹介でもいいでしょう。

60歳以上勤務可という病院は、決して少なくありません。ハリのある生活を続けるためにも諦めず探すことが大切です。

ページの先頭へ